花美月三文日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 理解できない小沢総理待望論

<<   作成日時 : 2010/09/11 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

ネットを見ていたら、今まで民主党支持者だった人たちから、菅さんは、官僚に丸め込まれたので、だめ、小沢さんなら、きっとやってくれる…という論調の多さに驚くと同時に、何か、こわさも感じました。

小沢さんは、3か月前、鳩山さんと政治と金の疑惑に対する責任を取って辞める、という答えを国民に出したばかりなのに、その舌の根も乾かぬうちに・・・これじゃあ、国民に嘘をついたようなものでしょう。

大体、ほぼ鳩山政権を踏襲している菅政権に対する総括も何も、たった3ヶ月じゃあ、結果も答えも、どう出たっていうのか、さっぱりわかりませんのですわ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
幻滅菅と小沢幻想
 私が、もし民主党のサポーターなら、もう、どちらかの名を書いて用紙を送らなければならない時期にきた。果たしてどちらの候補がいいのか。日本をより幸せにできるのか。 ...続きを見る
反戦塾
2010/09/12 20:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時

はじめまして、これまでの3ヶ月で菅さんのやった事で、既に彼がこれから政治を続ければ益々悪化する事が明瞭になったのです。

 もっと新聞をよく読んで下さい。彼は消費税の議論をすべきと言いながらもう、そんな事忘れたような雰囲気です。彼は今、雇用だと言っている。

 彼自身が日本の針路をコロコロ変えているのです。(党内論議もなく、いきなり、唐突に言い出して誰が理解できましょう)断固とした信念ならば、変える必要がないはずです。雇用創出をどうやってやるか、見えません。

 彼はわかり易く国民に説くことが出来ないのです、これが出来ねば指導者として落第です。法人税減税これももっともらしいが、当然消費税で、増税することになります。アメリカでは国民負担を減らす、減税をやろうとしている。それを結局、日本に負担させようとしている。(米国債を買わせたりして)このくらいが理解できねば永遠に管さんのことは、わからないと思います。(決して小沢さんが良いと思ってるわけでなく、菅さんよりましかも知れずと考えているのです。むしろ彼も国民を欺いてきたと考えます。)まあ一つの考え方として聞いていただければ結構です。
sunbird
2010/09/12 07:48
sunbird様、はじめまして。
いろいろ教えていただきありがとうございました。
私は、普通のおばさんなので、経済の専門的な知識はありません。
だからこそ、プロたる政治家に、政治を任せているのです。

おにぎりが食べたいといって餓死した人がいる一方で、自分の家のガレージに3億円もの大金をしまっておいて、文字通りお金を腐られてしまった老人がいる現代の日本。
世界有数の預貯金大国でありながら、ワーキングプアで過労死する人のいる日本。
「強い経済、強い社会保障」と言われたのは、この、かたよったお金のめぐりをよくすることを菅さんは、しようとしてるんじゃないか、と私は判断しておりました。

法人税減税で雇用が守られるなら、それも一手だと思うし、単純な消費税の増税は反対だけど、宝飾品その他、資産価値のあるものに対する消費税の大幅な増税は、私は賛成です。菅さんは、そういう議論をしようとしていたんじゃないでしょうか。

>彼はわかり易く国民に説くことが出来ないのです。

それはちょっと残念ですが、同感です。

昔話で、3人の盲いた人が、象を触って、それぞれが全く別のことを言います。
象の耳を触った人は、「象は、平べったいうちわのようなもの」
からだを触った人は、「象は、大きな壁のようなもの」
尻尾を触った人は、「象は、ひものようなもの」
菅さんの、言われていることは、一見ばらばらで、何を言っているのかわからないように思えるのかもしれませんが、菅さんの頭の中の全体像が、私たちに伝わってこないだけで、内容は全部つながっているのではないかと思います。
花美月
2010/09/12 15:34
>アメリカでは国民負担を減らす、減税をやろうとしている。それを結局、日本に負担させようとしている。(米国債を買わせたりして)このくらいが理解できねば永遠に管さんのことは、わからないと思います。

アメリカも、日本同様、前政権の負の遺産を抱えており、またヨーロッパ経済も危険な状態ですから、日本一国の問題でどうこうできるのかどうかなって思います。
今となっては、企業もグローバル化しており、リーマンショックを見てもわかるように、アメリカの一企業の影響が、日本にも波及します。結果的には、下請け、さらにその下請け、弱いところほどそのひずみをもろに受けてしまいます。

一方、小沢さんですが、私自身は小沢さんも嫌いじゃありません。
左脳的な判断だと、小沢さんの言われていることのほうがわかりやすいのかもしれません(・・私にはよくわからないけど)
だけど、右脳的な判断だと、小沢さんが総理になられた場合、小沢さんご自身がとてもお辛い立場に追い込まれてしまうのではないかというイメージが・・・
ひいては、民主党自体も国民からの信頼を得られなくなってしまうのではないかと、危惧しております
花美月
2010/09/12 15:35
しばらくです。
TBありがとうございました。
意見が似ているのでコメントさせていただきます。菅さんの原点は官僚や権力を突き崩すのは市民による多数意見が力、というものだったと思います。それが、長い政治家家業のなかで、市民の変わりが党議員から閣僚・官僚に変わったような気がします。

小沢さんは、末端市民を大事にします。しかし、ほしいのは意見より票の方です。それを上手に使って政治に反映させる手腕はみごとなもので、菅さんはかないません。

民主主義というのは、まどろっかしくて結論に時間がかかります。それでも、悔いを後に残さないためには、その方がいいのだ、というのが私の人生経験の教訓なのです。
ましま
2010/09/12 20:29
ましまさま
お久しぶりです。コメントありがとうございます。

>小沢さんは、末端市民を大事にします。しかし、ほしいのは意見より票の方です。それを上手に使って政治に反映させる手腕はみごとなもので、菅さんはかないません。

そうですね。数は力という。
だから、参院選では、オリンピック選手や芸能人をたくさん立候補させたのでしょう。私は、その点で、かなりがっかりしましたが、結果的にはやわらちゃんの得票数は群を抜いていましたから・・・党内で誰も文句は言えないのです。

民主主義は、多数決による判断がすべてですが、大多数の意見だから正しい判断とは限りませんよね。
民主主義とは、大切なものですが、厄介なものだともつくづく思います。
花美月
2010/09/13 10:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
理解できない小沢総理待望論 花美月三文日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる