花美月三文日記

アクセスカウンタ

zoom RSS オウム真理教の真理党は、憲法の政教分離に反する

<<   作成日時 : 2008/10/09 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

民主“仁義なき”自公分裂作戦…麻生へ早期解散圧力

 早期解散・総選挙を求めている民主党など野党が、自民・公明分断作戦を開始した。7日の衆院予算委でも政教分離問題を取り上げ、矢野絢也元公明党委員長の国会招致をちらつかせることで、早期解散を求める公明党に強い圧力をかけているのだ。景気対策を優先し、解散先送りを示唆している麻生首相を身内から追い込もうというものだが、いよいよ仁義なき戦いが始まるのか。

 「かつてオウム真理教による『真理党』があった。これが議席を獲得し、政治的影響力を持ったらどうする」

 民主党の菅直人代表代行は7日の衆院予算委員会で、かつてオウム真理教が結成した政治団体が衆院選に候補者を擁立し、政界進出を図った例をもちだして憲法解釈をただした。

 これに宮崎礼壹・内閣法制局長官は「宗教団体が統治的行使をすることに当たるので違憲になる」と発言。さらに、国民新党の亀井静香代表代行も、矢野氏の発言として「創価学会が宗教施設を使って選挙活動をしていた」と追及し、矢野氏の国会の参考人招致を促した。

 こうした答弁に怒りを爆発させたのが公明党の太田昭宏代表と北側一雄幹事長。国会の党控室に内閣法制局幹部を呼び出し、「(真理党の件を聞かれたのに)なぜ宗教団体を主語に答弁するのか。宗教団体と政党は別個の存在(だから問題はない)」と“訂正”を要求する事態にまで発展した。

 実は民主党は当初、今国会での矢野氏の国会招致を見送る構えだったが、麻生首相が解散先送りもほのめかしたことから、方針を転換。衆参両院で同問題を取り上げることで公明党を牽制し、麻生首相に早期解散圧力を高める作戦に打って出た。

 実際、公明党・創価学会追及チームを率いる民主党の石井一副代表は5日、テレビ番組で「公明党はばい菌みたい」と酷評。6日にも、「間違っていないというひそかな自信がある」と述べ、太田氏が要求した謝罪も撤回も拒否するなど、対決姿勢を鮮明にした。

 ただ、こうした圧力路線に対し、民主党内にも「血みどろの喧嘩をすれば二度と公明党と協力関係が築けなくなる」(若手)と危惧する意見もある。果たして、吉と出るか凶と出るか。

ZAKZAK 2008/10/08

http://www.zakzak.co.jp/top/200810/t2008100804_all.html

メモのため全文掲載。
菅さんが、かつてオウム真理教が作った真理党の選挙活動について質問したこの場面を、偶然テレビで見ていたが、一瞬議場が、凍りついたように、しんとしたよ。
宮崎礼壹・内閣法制局長官が答えた後、麻生さんもそれに同意見である旨の答弁。
かなりいろんな含みを残して・・・・・次の質問に移った。
もし、民主党若手が公明党の組織票に心がゆれるんだったら、石井副代表が「公明党はばい菌みたい」と言った同じテレビ番組で、「(公明票で)4とれても、6の浮動票が逃げる」といったことを思い出して欲しい。
国民の多くは、石井副代表の意見に拍手したと思うよ。
菅さんは、あの質問をすることで、自公に圧力をかけただけじゃなく、民主党内にも、釘をさしたんじゃないかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オウム真理教の真理党は、憲法の政教分離に反する 花美月三文日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる